TERA's point of view

NBAやNCAA,Bリーグ等バスケット全般の情報を幅広く共有していきたいと思っています。

Bリーグで成功するチームの要因は「強さ?」か「人気?」について考えてみた。

祝・Bリーグ開幕

2016年9月、Bリーグというプロバスケットボールリーグが開幕しました。

野球、サッカーに次いで開幕されたスポーツのプロリーグの開幕ということもあり、テレビでのゴールデンタイムの生中継であったり、CM等で拝見された方もいたのではないでしょうか。筆者もバスケをしていた者として注目して見ていました。

 確かに日本のバスケットボールは部活動でもそれなりに人気がありますし(定量的な分析はしてませんが)、潜在的なブースター(サポータのこと)も相当数いることが考えられます。

しかし、果たして本当に成功を治めることができるのか少し考えてみました。

ここでいう成功とは、「儲かる」ということにしましょう。

強さ、人気、儲けの関係について

一般的なプロスポーツにおいて、儲けられるチームというのは人気が有ります。

(世界的に強いサッカーの名門とかね)

なので一般的には、

強い→人気UP→観客増える→儲かる→もっと強くなる(強い人呼べる)以下略

ということが言えそうです。

(もちろんそれ以外にも様々な要因があることは重々承知していますが、今回は全部無視笑)

やはり、お金をかければ強い人(元NBA選手とか)を呼べるようになるので、かなり有利です。

要は人気があるかないかがこれからクラブが強くなるか否かの指標になると言えるんじゃないでしょうか。

以上の仮説に基づいて少しばかりBリーグの将来を担っていくチームを考えてみましょう。

人気の指標

さて、では人気のあるチームをどうやって見分けましょう。

観客動員数、youtubeの動画再生回数、Facebookのいいねの数、色々考えられますが、今回は、ツイッターのフォロワー数で検証したいと思います。

観客動員数は、対戦チームのブースターがいるし、

youtubeは再生回数は多くてデータの収集が面倒なので、

Facebookのいいねの数は、いいねをした事で特に何も起こらないのでデータとしてあまり重要性がないのでは?と筆者が考えているので、笑

 無視です。

 

一方、ツイッターはフォローする事で、そのチームの情報が嫌でも入ってくるので、ある程度興味がないとフォローしませんので、データとしてそれなりに信ぴょう性が高いです。

以下にツイッターのフォロワー数の一覧と現在の順位をまとめてみました。

 

 所属地区チーム名フォロワー数順位(各地区)旧NBL旧BJ
1 東地区 栃木ブレックス 25403 1  
2 東地区 アルバルク東京 15108 2  
3 東地区 千葉ジェッツ 22902 3  
4 東地区 仙台89ers 12050 4  
5 東地区 レバンガ北海道 9691 5  
6 東地区 秋田ノーザンハピネッツ 13715 6  
7 西地区 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 4438 1  
8 西地区 シーホース三河 6756 2  
9 西地区 琉球ゴールデンキングス 24195 3  
10 西地区 京都ハンナリーズ 12431 4  
11 西地区 大阪エヴェッサ 14403 5  
12 西地区 滋賀レイクスターズ 11492 6  
13 中地区 三遠ネオフェニックス 4268 1  
14 中地区 川崎ブレイブサンダース 5133 2  
15 中地区 サンロッカーズ渋谷 9625 3  
16 中地区 横浜ビー・コルセアーズ 15327 4  
17 中地区 新潟アルビレックスBB 10484 5  
18 中地区 富山クラウジーズ 12370 6  
 

あれっ?

皆さまお気付きでしょうか笑。

強さと人気が全然合っていません笑。

むしろ西地区と中地区に至っては完全に逆の結果になっています。笑

実はこれ理由があるんですね。

日本のバスケリーグは旧NBL(企業)と旧BJ(プロ)という二つのリーグがありました。

それが統合されて今回、Bリーグが開幕したわけです。

NBL(企業)はお金はあるから強いけど、人気はない。

旧BJ(プロ)は人気はあるけど、弱い。

という複雑な状況だったわけです。

 

今回の仮説が正しければ、翌年以降、移籍や新人の加入によって、旧BJのチームがより強くなることが考えられます。

というか、プロという興行的なことを考えれば、今後は旧BJのチームにこそ伸びしろがあるんじゃないでしょうか。

または旧NBLのチームが人気を取れるか否かにかかっているでしょう。

 

今回のまとめ

プロリーグの成功(もうけ)の秘訣は「人気」か「強さ」?

答えは来年以降旧BJのチームが勝つか、旧NBLのチームが勝つかでわかるよねという話。

 

 

大好きなプレイヤー紹介① デリックローズ(Derrick Rose)

デリックローズとは

プロフィール

 本日紹介するのはNBA見ている人なら知らない人はいないであろう

デリック・ローズ。

 

身長:191cm

体重:86kg

ウイングスパン:195cm

垂直跳び:37Inch (約94cm)

 

 デリックローズはイリノイ州シカゴ出身のNBAプレーヤーです。高校時代から全米からの注目を集めていたデリックローズは高校No.1ポイントガードと称されていたようです。(ちなみに高校時代の背番号は25でした。2016年にニックスに移籍して高校時代の番号に変えたようですね!)

 

高校時代のプレーがこちら

www.youtube.com

 

これを見ただけでわかりますが半端じゃないですね。(残念ながら日本代表でも全米の高校スターには勝てないでしょうね)

 

大学・NBA時代

高校時代から将来を渇望されていたデリックローズはメンフィス大学(メンフィス大学タイガース)に進学しました。メンフィス大学はNCAAトーナメント最高順位2位(2回),26回出場の名門校で、The American Athletic Conferenceに所属しています。そのNCAA準優勝(2008年)のうちの一つの立役者がデリックローズです!Final4ではケビンラブ(現キャブス)有するUCLAを破っての準優勝でした。ちなみに決勝はブランドン・ラッシュ(現ウォーリアーズ)匹いるカンズス大学。ローズは16点の活躍を見せるものの延長の末に逆転負け。(ローズは23番です。)

Kansas vs. Memphis - 2008 NCAA Title Game Highlights (HD) - YouTube

www.youtube.com

ローズ大活躍ですが一歩及ばず、、、。

 

しかし、その活躍から一躍有名になったローズは1年でアーリーエントリーしNBA入り。ドラフト1位でシカゴブルズへ。ブルズはローズの故郷でもあり、第二のMJとして非常に大きな期待とともに入団しました。

1年目から期待通りの活躍を見せるローズ、2009年には新人王、2011年にはシーズンMVPを獲得(史上最年少での獲得でした。)

この頃のローズは本当に止められませんでしたね。

しかしそんなローズに悲劇が襲います。

2012年のプレーオフ1回戦で76ersとの一戦で悲劇は起こります。ドリブルからストップジャンプシュートへいく瞬間、左脚十字靭帯断裂という大怪我を負ってしまいます。(サッカー選手でもたまに見かけますが、十字靭帯断裂は選手生命に関わるほどの重大な大怪我です。)

【NBA2012】1回戦1試合目、E1位ブルズvsE8位セブンティーシクサーズ - YouTube

これを見るだけで痛々しいです。ブルズはEast1位でプレイオフに進出していただけに本当に残念でなりません。

 

その後は怪我との戦いが続きます。2013年は全休、2014年は10試合、2015年からようやく51試合と本格的な復帰を果たしました。そして2016年、ローズは大きな決断をします、NBAの入団から所属していたブルズを離れニューヨークニックスで新たなキャリアを歩み始めるトレードを受け入れたのです。

 

正直、ドラフト1位で入団したブルズのファンからはかなり失望もされたでしょう(いろいろな意味で)しかし、何はともあれニックスでの新たなキャリアを進むことを決断しました。

 

 プレースタイル

 

ローズの魅力はなんといってもキレのあるドライブからのボースハンドダンク!(何回見てもヤバイ!特に1位のダンクはナッシュにぶつかってるのにさらに上に行っちゃってる!なんだこれ笑)

www.youtube.com

これを見ればわかる通り、ドライブやクロスオーバーのキレはNBA随一と言っても過言ではないでしょう(ちなみに後は西ブルとかデローザンとか僕は大好きです。)

191センチとNBA選手としては大きくはないものの、センター相手にも対等以上にジャンプしてダンクをする姿には惚れ惚れします。それを可能にするのは、何と言っても空中での体幹の強さ。いくら当たっても、崩れそうで崩れない。

それがローズの強みでしょう。

怪我後は、アシストや、3pなどバランスも良くなってきて選手としてはますます成熟してきたのではないでしょうか。

そして先ほども述べたように2016−2017からはデビュー時から在籍したブルズを離れ、ニックスへ電撃移籍!!

カーメロ、ジョアキムノアやポルジンギスと共にプレーオフ進出を目指します!

(ちょっと厳しいかもだけどまだ未知数)

ただ今季、ローズは「ニックスはカーメロのチーム」とも語っており、チームの為にプレーする姿勢が表れてますね。

(個人的にはローズの負担が減って1年間しっかりシーズンを戦い抜いてほしいです)

www.sportingnews.com